新型スカイラインV37

V37型新型スカイラインですが、最近よく見かけます。
実は結構かっこいいと思っていて、現国産車では一番スタイルが好きかもしれません。

3.7Lのハイブリットは今の時代の流れに即した車でありそうですね。

イメージとしては、スポーツセダンでなく高級セダンですね。
それはそれでいいのですが、名前がスカイラインだったらなんとなくスポーツかな。

そこに2000ccターボモデルが追加されました。
ただ昔のR32のGTS-Tのイメージではなかったようです。

ベンツに積むエンジンで、かりかりのスポーツエンジンではないのだ。

価格的も400万くらいするからね、結構高い車です。

それならBMWの3シリーズにしちゃいそうですね。

もしくはベンツのCクラスとか。

ミュゼ新宿

スバルレガシィに運転した感想

スバルレガシィのターボモデルを運転しました。
エンジンはハイパワーでありますが、決して暴力的でなく心地よくそして速いとういう感じで
とてもいい。
大人のスポーツエンジンといった感じである。
昔のレガシィのようなボロボロボロという音はほとんど聞こえない。

足回りは、これまたドイツ車のようにカチッと固められたものでハンドリングもすごぶる良い。
さすがである。

インテリアもトヨタに劣るというが、好みの問題で私はマークXよりこちらのほうが好きです。
いや全然いいと思います。

スバルレガシィは、かなり欲しい車です。
今のモデルは大きいのでひとつ前のモデルが好きです。

うんいい車でした。

今はレヴォーグやったかな? レガシィツーリングワゴンの後継車がありますね。
なかなかかっこいいdすよね。

ネットで買ったエアコン取り付け 通販型自動車保険

中古車購入ローンを組む場合

中古車を購入するときにローンを組む人は多いようです。しかし、中古車情報を扱う雑誌などでチェックして、安く中古車を販売しているお店で買ったものの、ローンの金利が高くて出費がかさんだという人もいます。支払いを後回しにできる代わり、ローンを組むことで手数料がかかるようになり、借入金額に利息をプラスした金額を請求されることになります。中古車販売店のローンは、大体5%~9%です。どのくらいの金利で中古車ローンを組むことができるかは、金融会社ごとに差があります。金融会社によっては、客の信用情報や貸付金額によって、金利を変動させているところもあります。ローンで中古車を買う場合、月々の支払いに目がいってしまいがちで、分割手数料込みでいくらになるかまで考えが及ばないことも多いようです。欲しい中古車が目の前にあって、月々の支払額がこれくらいなら買えるとすぐ判断してしまうのは、あまりおすすめできません。最終的な支払い額がいくらになるかをきちんと計算した上で、返済プランを立てましょう。販売店によっては、中古車を買うに当たって結局いくらかかるのかが曖昧なままのところがあります。常識的に考えて、低金利すぎる時も用心したほうがいいでしょう。中古車ローンで、2%以下の融資ということは考えにくいものです。一般的な考え方でいえば、個人を対象とした融資が、大手優良企業への融資と同等ということはないでしょう。中古車そのものを高く売ることで、帳尻を合わせている可能性もあるわけです。中古車購入の際にローンを組む場合には、さまざまなことに注意する必要があるといえるでしょう。ミュゼ三宮

自動車保険のja

通称jaと呼ばれる農業協同組合では、実は自動車保険の販売も行っています。
ja共済と言えば聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか?
運営母体が農協なのでja共済も組合員のみのサービスと思われがちですが、組合員以外の方でも加入することができます。
ja共済の一番の魅力は、農協の相互助け合いの信念に則った保険料の安さにあります。
基本の保険料はもちろんのこと、等級による割引率も非常に高く、最大20等級で62%も保険料が割引されます。
業界内では破格の保険料にも関わらず、補償内容やロードサービスは他社の保険に引けを取りません。
車の故障やレッカー移動の手配は、365日・24時間対応。
事故の際の一番の安心、専門スタッフが現場に来て事故対応を行ってくれる現場急行サービスも付いていますからドライバーにとっては心強いですね。
保険料の安さと充実のロードサービスを兼ね備えたja共済の自動車保険は、既に多くのドライバーに選ばれています。
運営母体への信頼度も高く、日本の自動車保険の定番とも言える保険会社です。
安さと安心を両立させたja共済の自動車保険。
自動車保険を検討する際には、是非比較対象として加えておきたい保険です。

車について

世の中の人にとって車とは一体何なんだろう。都会に住む人にとってはなくてっも何とかなるモノで車と言ったらある意味ステイタスシンボルなのかもしれない。しかし、一方で、郊外に住む人や田舎の人たちにとってはなくてはならないモノになってきている。通勤に必要であったり、買い物もしかり。そして、その中にも車に対する意識の違いは千差万別だ。常に綺麗に洗車をし丁寧に乗る人もいれば、ただ、走ってくれればそれでいい人、自分の部屋の様になんでも揃え、少しの遠出なら車で泊まってしまう人、難し道路や難し技術をひけらかし周りの迷惑も顧みず、ただ走り回る人、ホントさまざまである。しかし現代以上に未来に向かって進化を遂げつつある車の世界、勝手に止まってくれる車のCMをよく目にするが、そのうち目的地をカーナビに打ち込むだけでそこまで勝手に運転してくれる日がくるのではないか?と本気で考えてしまう。便利な社会もいいが、人間自体がどんどん進化していかないと車をだんだん乗りこなせなくなるのではないか、と心配になってしまう。